スポンサーリンク

ホーチミン高島屋散策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホーチミン

ベトナム・ホーチミン

もうお盆休みも終わってしまうというのに、いまだにゴールデンウィークの旅ですみません。SegTabi ゴールデンウィークの旅、マレーシアのクアラルンプールからベトナムのホーチミン市に移動しました。

ホーチミン市は、旧名をサイゴンといい、ベトナムの商業の中心。北の首都ハノイをベトナムの東京、そして南の商業の街ホーチミンをベトナムの大阪と例えることも多いです。フランスの植民地だったこともあり、フランス植民地風の建物も多いが、昨今、急速な経済発展とともに高層ビルも増えてきており、それだけ見ていると日本のビルと変わらないビルも多いです。

「水曜どうでしょう」の原付ベトナム縦断1800キロのゴールの都市であることも有名で、あの頃と比較すると車の割合が増えてきていますが、相変わらずバイクの数はすごく、バイク=ホンダと言われるほど、バイクが普及しています。

ホーチミンを起点とする旅としては、メコンデルタやベトナム戦争の戦場クチトンネルなどを日帰りすることが多いですが、今回は滞在が短かったこともあり、ホーチミン中心部を歩いて散策することにしました。そんな中でホーチミン高島屋に焦点を当ててみたいと思います。

ホーチミン高島屋

そんなホーチミン市の中心、サイゴンセンター内に2016年7月オープンしたのが

「ホーチミン高島屋」です。

クアラルンプールでは、宿泊した「ル・メリディアン クアラルンプール」の部屋のトイレにウォシュレットがついていたのですが、ホーチミンで宿泊したホテル「ルネッサンス リバーサイドホテル サイゴン」にはついていませんでした。

2017年のゴールデンウィークにマレーシアのル・メリディアン クアラルンプールに宿泊しました。KLセントラルの駅に直結するホテルでとても便利な良いホテルでした。KLセントラルも良い場所でした。

そこで、

新しい日系デパートのトイレにウォシュレットはあるのか?

と素朴な疑問が!

そんなわけで、この高島屋のトイレにウォシュレットがついているか、散策がてら見てきました。

ホーチミン高島屋のトイレにウォシュレットはあるか?

まず5階のレストラン、フードコートのフロアのトイレを見てみました。

残念ながら、ウォシュレットはありませんでした。ただし、あらためてフロア図を確認してみると、

フロア図

(ホーチミン高島屋ホームページより引用)

この5階のトイレは専門店の中にあり、高島屋の中にはありません。だからウォシュレットがないのか?と勘が働きました。

そんなわけで3階の高島屋側のトイレへ行ってみました。すると・・・!

ウォシュレットがあった!

写真の通りホーチミン高島屋のトイレにウォシュレットがありました。ウォシュレットは英語の操作パネルでしたが、個室の壁にベトナム語の操作案内が貼られていました。

あくまでも男子トイレの情報ですが、すべての個室にウォシュレットがあったわけではありません。なんとなくの記憶ですが、3つの個室があり、1つだけがウォシュレット付きなので、急いでいる場合は注意が必要です。

おみやげにチョコレートはいかがですか?

地下の食料品フロアを歩いている時、きれいなパッケージのチョコレートを見つけました。

「Pheva(フェバ)」のチョコレート。

ベトナムのダナンというところに店舗を持ち、ダナンのおみやげとして有名になっていた高級チョコレートです。ベトナムのカカオを使い、18種類のフレーバーが用意されています。

お店には日本語を話せる店員さんがおり、試食もさせてくれるので、気に入ったフレーバーをチョイスしてオリジナルボックスを作って買うのもよし、最初からセットになったボックスを買うもよし。いずれにしても喜んでもらえるおみやげを買うことができますよ。(オリジナルボックスの場合は上の写真の白い帯の紙はつかないみたいなので注意して下さい。)

現地に行ってから知ったので、持ってきておらず使うことができなかったのですが、高島屋だけあって、タカシマヤカードを提示するだけで5%割引になるそうです(専門店街のお店は対象外)。

詳しくはこちらで

タカシマヤの海外店舗をご紹介します。タカシマヤカードは海外でもご利用いただけます。

ホーチミン高島屋(HO CHI MINH CITY TAKASHIMAYA)