スポンサーリンク

Eco Tree Hotel(香港)~MTR西營盤駅近くのホテルに泊まる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香港の西營盤にあるエコツリーホテル。地下鉄駅からの行き方についてはお伝えしたとおりですが、せっかくなので部屋の様子を少し書いておきます。

香港島、MTR西營盤駅からエコツリーホテルまでの道のりを紹介しています。駅の出口からほぼ直結、目の前をトラムが走る絶好のロケーションのホテルを楽しむための参考にしてください。
深夜の到着がさらに遅くなる

ベトナム・ホーチミンからの移動でした。スケジュールの到着時刻は22時50分の予定でしたが、出発前の時点で40分のディレイ。遅延時間そのままで到着すると23時30分になります。予約の際に25時ごろになるとメッセージは入れていましたが、連絡を取れない状態でさらに遅延が起こるとまずいので、念のためにホテルへ予約サイトの予約番号と状況についてメールを送りました。約20分後、予約確保してお待ちしていますと丁寧な返信をもらい、安心することができました。

無事に香港国際空港へ到着し、事前購入のお得なバウチャーでエアポートエクスプレスにも乗車でき、25時ごろにホテルへ到着しました。MTRは堅尼地城(ケネディータウン)行の最終一本前ぐらいだったかもしれません。その分、ホテルが駅から近くて良かったです。

香港国際空港に到着後、九龍、香港島へ向かう時に使うことのあるエアポート・エクスプレスの話。事前の手配で半額近くで乗車できます。 ちょっとしたお得な旅のテクニックです。

日中で時間的な余裕があれば、空港からバスで移動するのも可能なホテルですね。

無事にチェックイン

今回はエクスペディアでの予約。部屋の指定は「Deluxe Double or Twin Room, City View」でした。シングルサイズベッド2台のリクエストを入れてあります。

無事にチェックインをして部屋に入ります。ドアの横にあるカードホルダーにカードキーを差し込んで、電気をつけると、ベッドがひとつ。

「あぁ、リクエストは通らなかったか~」

と思いながら、奥へ行くとトイレ、シャワールームへの扉が見えました。

「ああ、予想通りの部屋だね!香港でこれであれば、見た感じは合格点でしょう」

という部屋でした。

ムムッ?

でも、後ろを振り返ったら、なぜか?もうひとつのカードホルダーがありました

もう一枚のカードキーを差し込むと!

新たに電気が点灯!

奥に部屋らしいものが!

こんな深夜に予期しないことが起こるってのは、なんだか気持ち悪いものですよね。ドキッとしましたよ。

残りものには福がある?

恐る恐る入っていくと、

シングルベッドが2台。そしてまたトイレ、シャワールームの扉が(笑)

結局、

ベッドが3台、テレビが2台、トイレ、シャワールームが2つの部屋だったんです!!

…と思ったら、

さらに!!!ビジネスルームと言うか、書斎部屋みたいな秘密の小部屋まで発見!

いや、わけわからないです。部屋の作りは変だし。もう笑うしかない(笑)

4人定員の部屋らしく、ミネラルウォーターもたくさんありました。

部屋の様子の動画はフェイスブック・ページへ

こんなフロアです

私が泊まった12階の見取り図。

1206だったので6號客房(GUEST RM.6)ですね。ホテルの公式サイトによると、Premier Suite または Premier Familyという広めの部屋なんですね。アップグレードしてもらえたようです。残りものには福がある!というものなんでしょうかね?

2泊しましたが、深夜に到着して、翌日はほとんど外出、最終日は早朝出発でしたので、ちょっともったいなかったですね。

 

窓の外の様子。部屋の下をのぞき込むとトラムが見えます。

残念だったのは、広すぎるのにコンセントがなさすぎなこと。ベッドサイドにコンセントが無いのは不便ですね。延長用のタップを持っていくことをおすすめします。あとは部屋のつくりが複雑なので、忘れ物しないように気をつけないといけないことでしょうかね。

でも、水回りなどはきれいですし、駅からも近いですし、近くにはおいしい飲茶屋さんもあるし、この部屋でなくてもリピートありのホテルだと思います。

香港・上環でランチ寄りのブランチにすることにしました。そこで通りかかったお店が手元に持っていたガイドブックにも載っていた飲茶のお店「蓮香居」(リンホンコイ)でした。点心、とってもおいしかったですよ。

ECO TREE HOTEL(エコツリーホテル)

(2017年5月時点の情報)