スポンサーリンク

まずはキャセイで香港へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香港経由の特典航空券で

2017年ゴールデンウィークの旅行は、特典航空券を活用して、キャセイパシフィック航空などを使い、東南アジアに行ってきました

特典航空券は、JALの提携航空会社特典航空券で

<往路> 名古屋(中部)→香港→クアラルンプール

<復路> ホーチミン→香港→東京(成田) ※香港でストップオーバー

というルート。帰りは香港から名古屋が空いていなかったので成田まで。国内線で名古屋へ移動するということも考えましたが、ゴールデンウィーク中であまりにも高額だったためバス+新幹線で帰りました。そして、海外でのオープンジョーの区間、クアラルンプール→ホーチミンは、LCCのエアアジアを利用。私としては初めての国際線LCC利用でした。

今回の旅の試み

今回、いくつか初めての試みがありました。

・香港 e-Channel(e道)の申請

・クアラルンプール 第2ターミナル(KLIA2)の利用

・香港エアポートエクスプレスの乗車券事前購入

何度も香港には行っているのですが、手続きをしていなかったe道の申請は、往路の乗継時間の中での消化を考えていたので、往路の香港行きは定刻でついてくれ!と祈るばかりでした。

まずはセントレアのサクララウンジから

キャセイのエコノミークラス利用でも、JALグローバルクラブ(ワンワールドサファイア)のおかげで、ありがたいことにビジネスクラスラウンジを利用できます。セントレアにはキャセイラウンジがありません。そのためJALのサクララウンジが指定ラウンジとなっています。

ゴールデンウィーク初日のサクララウンジは超満員。個人的には窓際が好きなのですが、まったく空きはなく、この日はバーラウンジのテーブルに座りました。同じ時間帯、プライオリティ・パスで入室できるスターアライアンスラウンジは、プライオリティ・パスでの入室はお断りの張り紙が出ていました。

サクララウンジで有名な食事はカレーライス。羽田、成田、関西などでも美味しいカレーを食べることができますが、セントレアのカレーは他空港のカレーと違います。地元のカレーハウスCoCo壱番屋とのコラボ、特製キーマカレーです。これと朝からビールで「いただきます!」

カレーライスを食べて、ビール、ワインを飲みながら、しばらく待ったら時間です。搭乗口へ向かいます。

香港へ向かいます!

いよいよ搭乗です。定刻での出発のようです。

定刻で到着してくれれば e道の手続きがとても楽になります。

キャセイの名古屋(中部)ー香港のエコノミークラスは搭乗してしばらくすると、ピーナッツと飲み物が出てきます。すっかりラウンジで飲んでいる私は白ワインをオーダーしました。

そしてしばらく待つと機内食です。

ちょうど四国の南から九州あたりをフライトしている頃でしょうか。機内2杯目は赤ワインです。

ちなみにキャセイの特別食を頼んだときの記事が、本館のSegTabiにあります。こちらもどうぞ!

普通の機内食の話ではつまらないので通常の機内食ではなく、特別な機内食のスペシャルミールの話です。スペシャル!いい響きです!

そんなこんなで、香港までの約4時間のフライト時間は過ぎていくのでありました。

無事にほぼ定刻で香港国際空港に着陸。ターミナル1のYの字の一番上のとてつもなく遠いゲートに到着。単純な乗継であれば乗継口で上のフロアに移動するだけですが、今回は特別なミッションがあるため、遠い道のりを入国審査場まで移動することになりました。